このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

南アルプス山行日誌「塩見岳編」(令和元年8月5日)

更新日:2019年8月8日


塩見小屋より塩見岳を望む 手前は天狗岩

南アルプスの近況を不定期でお知らせします

梅雨も明け、夏本番の7月30日、31日に登山道整備の傍ら観察した塩見岳を掲載します。

まずは日本百名山「塩見岳」を紹介します

 塩見岳の名前の由来は、山頂から海(駿河湾)が見えるという説や、山麓の大鹿村に塩の産地があるからという説があります。標高は西峰が3,047メートル、東峰が3,052メートルですが、三角点が西峰に設置されているため、低い方の西峰の標高が塩見岳の標高になっています。
 三伏峠から望む山体は独特で鉄兜と評されます。富士山越しのご来光は一見の価値があります。
 信州山のグレーディングが7Dと、体力的にも技術的にも上級者向けの山です。鳥倉林道より三伏峠を経由するルートが一般的ですが、登りのコースタイムが8時間30分以上と長い長い道のりです。塩見小屋または三伏峠小屋に1泊することをお勧めします。

様々な高山植物が登山者を迎えます

高山植物が美しい季節です。長く辛い登り道、足を休めて観察してみてください。

登山道の道しるべ「道標」を整備しました

カップヌードルで有名な日清食品から助成を受け、道標を整備しています。この日は塩見岳東峰、北俣の分岐、五右衛門山の塩見新道との分岐に、3基を設置しました。茶色とオレンジ色の道標は、南アルプス北部の統一デザインです。

道標は塩見小屋より歩荷しました。1本約20キログラム、なかなか背負い応えがありました。

魂を込めて設置しました。日清食品から助成を受けて整備している道標も、これまでに33基、残す道標はあと2基です。

長い道のりを踏破した者にしか味わえない絶景


頂上から東側の眺望 富士山が浮かびあがります 手前右のピークは蝙蝠岳


北側を望めば、一番奥の中央が東(甲斐)駒ケ岳、その左が仙丈ヶ岳。駒ヶ岳より右に日本標高第2位の北岳、第3位の間ノ岳、右側のピークが農鳥岳。この3つの連峰を白根三山と呼びます。

写真中央の尾根に登山道が見えますが、仙丈ヶ岳から塩見岳までの尾根沿いの道を「仙塩尾根」と呼びます。また、バカみたいに長い尾根から、「バカ尾根」と呼ぶ人もいます。

31日の早朝、下界の温度が高いせいか雲ははれず、残念ながらご来光は拝めませんでした。天気がよければ下の写真のような絶景が見られます。


塩見岳ご来光 西峰より東峰を望む

事故にご注意ください

天狗岩から頂上までの間で落石、滑落による遭難事故が発生しています。急峻な道を登りますが、石を落とさないように注意してください。過去に登山者が落とした落石が別の登山者に当たり、内臓破裂を起こした遭難事故が起きています。上下に重なって歩く場合はとくに注意が必要です。また、滑落や転倒にも十分注意しましょう。

登山はすべてにおいて自己責任で行うものです

装備・経験・体力はもちろんのこと、登山する際は下記にもご留意ください。

登山計画書を提出しましょう

長野県は登山計画書の提出が義務付けられています。登山計画書は迅速な遭難救助を行ううえで大変重要な情報です。出発前に必ず提出するとともに、家族にも写しを渡してきましょう。ご家族からの救助要請の際、「長野の山に行ったらしい」と実際言われたことがありますが、これでは探しようがありません。

山岳保険に加入しましょう

遭難救助には費用がかかる場合があります。天候や場所、時間によっては捜索費用が高額になることがあります。数百万円になることもありますので、山岳保険には必ず加入しましょう。スマホ等からワンコインで入れる保険もあります。加入の際は、「捜索救援費用」が含まれているものを選んでください。

ビバークできる装備を持ちましょう

想像してみてください。夏とはいえ雨の降っている中、ケガをして救助を要請してもヘリコプターは飛べません。夜間の場合は、救助隊の到着が朝になることもあります。この状況の中であなたはカッパだけで耐えられますか?夏でも低体温症になることだってありえます。不測の事態でも対応できるように、ツェルトや保温シートなど、ビバークできる装備を当然の装備として持ち歩きましょう。シート1枚で助かる命もあります。

山は大きいでなぁ。どけぇも逃げていかねぇ。天気が悪けりゃまた来るさ。

南アルプスの開拓者、竹澤長衛翁の名言です。山は逃げません。せっかくですから天気がいいときに、最高のアルプスをお楽しみください。

お問い合わせ

伊那市役所_商工観光部_山岳高原観光課
電話:0265-98-3130(内線52)
ファクス:0265-98-2029

h-sgk@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る