このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

第3回 千両千両井月さんまつり実績報告

更新日:2017年9月15日

全体日程

9月5日(土曜日)

・井月シンポジウム
・朗読劇

9月6日(日曜日)

・第24回信州伊那井月俳句大会
・宮坂静生氏講演会

そのほか8月29日から9月14日まで創造館、生涯学習センター展示ホールなど、井月に関する展示が開催されました。

特別企画1

井月シンポジウム「井月たちの幕末維新-その句と時代を読む-」

日程:9月5日(土曜日)午後2時から5時
会場:生涯学習センター5階会議室
資料代:井上井月顕彰会会員300円、一般500円

参加者:高木俊輔(岡谷市出身、幕末維新草莽運動史、国文学研究資料館名誉教授)

     内田義雄(長岡市出身、元NHKプロデューサー、著書「鉞子」(講談社)

     伊藤伊那男(駒ケ根市出身、俳人「銀漢」主宰、著書「漂泊の俳人井上井月」)

     竹入弘元(伊那市在住、井月研究者、伊那市文化財審議委員長、著書「井月の魅力」他多数)

司会: 北村皆雄(映画「ほかいびと」監督、著書「俳人井月 幕末維新風狂に死す」)

特別企画2

朗読劇

日程:9月5日(土曜日)午後6時30分開場 午後7時開演
会場:生涯学習センター6Fホワイエ
入場料:500円

原作:春日愚良子
演出:阿部裕吉
朗読:公募による井月劇場メンバー
児童劇:美篶小学校児童のみなさん
音楽:伊那混声合唱団 ほか

春日愚良子氏著「風狂のうたびと」を脚本に、朗読劇をコーラスと映像のコラボレーションにより演出。劇中の寸劇の主役は伊那市内の小学生です。

メインイベント

日程:9月6日(日曜日)
会場:生涯学習センター6階ホール

第24回信州伊那井月俳句大会

午前9時50分から午後3時30分
事前応募句の表彰と宮坂静生氏講演会・当日句投句と表彰。申し込み不要、当日句投句は500円(事前投句者・高校生以下は無料)

抹茶コーナー

午前11時から午後1時まで
生涯学習センターいなっせ6階ホワイエにて無料でお楽しみいただけます。

宮坂静生氏講演会

午後1時から2時30分
申し込み不要

「宮坂静生講師のプロフィール」
1937年長野県松本市生まれ(本名 敏夫)
俳誌「岳」主宰
現代俳句協会会長
産経新聞選者
信州大学名誉教授
「受賞歴」
・第1回山本健吉文学賞・第58回読売文学賞、
・第45回現代俳句協会賞・第21回信毎賞
「著書」
・俳句からだ感覚・俳句地貌論
・語りかける季語―ゆるやかな日本
・季語の誕生・昭和を詠う    他多数
・句集「全集 宮坂静生」-九句集収録
・「雛土蔵」「草泊」まで十一句集

期間展示

生涯学習センター「いなっせ2階展示ギャラリー

「井月さんの部屋」
書宰:池上信子
言葉染:染色工房 香藍窟 細田伊佐夫
8月29日(土曜日)から9月6日(日曜日)
午前9時から午後7時

伊那市創造館2階

  • 井月展示室(常設展)

掛軸・屏風など井月の直筆を展示
午前10時から午後5時(火曜日休館)

きたっせエントランス

  • 「井月の句心を書で描く」

書家・向山竹脩と会員の作品を展示
8月31日(月曜日)から9月14日(日曜日)
午前9時から午後6時(期間中無休)

実績報告総括書

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

伊那市役所 教育委員会 生涯学習課 生涯学習係
電話:0265-78-4111(内線2721 2723)
ファクス:0265-72-4142

sgs@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠1806番地 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る