このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

令和元年伊那市政のできごと 10大ニュースが決まりました

更新日:2019年12月23日

今年一年こんなことがありました

令和元年の伊那市政のできごとで主なものを10項目選びました。
今年は、伊那市50年の森林づくり2019植樹祭やフィンランド共和国北カルヤラ県との林業・森林産業等の交流に関する覚書の締結が行われるなど循環型社会実現に向けた取り組みや、AIによる最適運行と自動配車によるドアツードア乗り合いタクシーなど地域が抱える課題を解決するため新産業技術を活用した取り組みが展開されました。
また、第1次総合計画の計画期間終了に伴い、伊那市の未来を創る新たな指針として、第2次総合計画が策定され、新たな将来像「未来を織りなす 創造と循環のまち 伊那市」へ向けた取り組みがスタートしました。
皆さんにとっては、どんな一年だったでしょうか。
令和2年が皆様にとって良い年でありますように。

循環型社会実現に向けた取り組みの推進

森林を次世代に、健全で豊かに発展的に引き継ぐために策定された「伊那市50年の森林(もり)ビジョン」の着実な推進に向けた取り組みが行われました。
また、株式会社丸紅伊那みらいでんきと地域密着型ビジネス協定の調印を行い、再生可能エネルギーの地産地消や地域活性化に向けた事業への取り組みが始まりました。

  • 【4月16日】丸紅伊那みらいでんき株式会社における地域密着型ビジネス協定調印式
  • 【5月11日12日】第35回全国削ろう会信州伊那大会
  • 【7月5日】伊那市50年の森林(もり)づくり2019植樹祭
  • 【10月23日】フィンランド共和国北カルヤラ県との林業・森林産業等の交流に関する覚書締結
  • 【11月2日】学校の森・子どもサミット
  • 【11月3日】第2回森JOY(伊那市ミドリナ委員会主催)

上伊那クリーンセンター竣工

平成10年に3か所で行われていた上伊那のごみ処理を1か所で行う方針とし、およそ20年にわたり候補地選定、基本計画策定などを進めてきた上伊那クリーンセンター。平成30年10月から試運転を開始し、12月からは実際に一部のごみの処理を開始、平成31年3月4日からは上伊那圏域内の全てのごみを処理する試運転を行い、3月29日竣工、翌3月30日に本格稼働を開始しました。

新産業技術による地域課題解決の取り組み

地域が抱える課題を解決するため新産業技術を活用した取り組みが展開され、3月には空飛ぶデリバリーサービスによる買い物弱者支援、3月と11月にはAI最適運行と自動配車によるドアツードア乗合タクシーなどの実証実験が行われました。また、次世代モビリティーサービスに係る連携協定の締結が行われ、中山間地域の医療体制づくりへの取り組みがスタートしました。

  • 【1月17日】KDDI株式会社とのドローン・5G利活用に向けた連携に関する協定調印式
  • 【3月】AI 最適運行・自動配車サービス(ドアツードア乗合タクシー)実証実験
  • 【3月】「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」ケーブルテレビによる商品受発注システム実証実験
  • 【4月】スマート農業技術の開発・実証プロジェクトスタート
  • 【5月14日】MONET Technologies株式会社との自動運転社会に向けた次世代モビリティサービスに係る連携協定締結式
  • 【6月12日】SB C&S株式会社との伊那市ICT活用教育推進に関する連携協定書締結式
  • 【8月5日】内閣府 市民ダイアログ 自動運転社会の未来像を語り合う
  • 【11月】ぐるっとタクシー(ドアツードア乗合タクシー)実証運行
  • 【12月12日】株式会社フィリップス・ジャパンとの次世代ヘルスモビリティサービスに係る連携協定締結式

第2次伊那市総合計画策定

本年3月に第1次総合計画の計画期間終了に伴い、伊那市の未来を創る新たな指針として、第2次総合計画が策定されました。
計画策定に向けて実施した市民アンケートでは、将来のまちづくりの主役となる中学生にも回答をお願いしました。また、まちづくりについて考えるワークショップでは、高校生をはじめとする参加者の皆さんと一緒に、目指すまちの姿を描き出しました。これらの意見を踏まえ、各種団体の代表者や公募者で組織する総合計画審議会で議論を重ね、市民の皆さんとともに計画が作り上げられました。
第2次総合計画では、第1次総合計画の将来像を踏まえた上で、「共生」から「協創」へと、より能動性をもってステージアップしていくため、新たな将来像を「未来を織りなす 創造と循環のまち 伊那市」と定めました。

第2次伊那市総合計画策定

台風19号豪雨 県内に大きな爪痕を残す

大型で非常に強い台風19号は、10月12日の夕方から夜にかけ、長野県南部に最接近し、高遠町地区や長谷地区を中心に大雨となりました。伊那市では、人的な被害はありませんでしたが、道路の陥没や農作物への被害など、各地に大きな爪痕を残しました。

10月台風19号

高遠保育園新園舎竣工

高遠町小原地区に移転新築を進めてきた高遠保育園が3月に竣工しました。
竣工式には建設に携わった地域の皆さんが出席し、式典に先立って、この春、卒園の年長児による記念植樹が行われました。

3月高遠保育園竣工式

  • 【3月17日】高遠保育園竣工式

感動と興奮!伊那弥生ヶ丘高校野球部全国高校野球選手権長野大会 準優勝!

夏の甲子園を目指して球児たちが熱戦を繰り広げた、第101回全国高校野球選手権長野県大会で、創部以来初めてとなる決勝進出を伊那弥生ヶ丘高校が決めました。
延長戦の末、惜しくも敗れはしましたが、その勇敢な姿にスタンドからは大きな拍手が送られました。

  • 【7月21日】第101回全国高校野球選手権長野県大会 準優勝
  • 【8月2日】準優勝報告会

進む 災害時の支援協力

大規模災害発生時には、市内全体の被災が想定され、特にライフラインや道路、情報通信網の途絶により、災害対応能力の低下が懸念されます。このため、民間企業や関係機関が有する専門的な技術や知識、資機材を活用させていただき、応急対策活動が適切に行われるよう、多岐にわたる分野で災害時応援協定を締結しています。

  • 【6月6日】興亜化成株式会社・HARIO株式会社との災害時における応急物資供給および防災教育の支援に関する協定調印式
  • 【7月22日】株式会社ゼンリンとの災害時における地図製品等の供給等に関する協定調印式
  • 【8月22日】一般社団法人信州伊那宙・株式会社DIG TRIPとの災害時における無人飛行機による支援協力に関する協定調印式

改元 「平成」から「令和」へ 

5月1日、元号が平成から令和に変わり、この日、一部業務の臨時窓口を開設しました。
改元と大安が重なったこともあり、30組のカップルから婚姻届が提出され、記念すべき1日を心に刻みました。
新元号『令和』新しい時代の幕開けとなりました。

令和元年5月1日 改元「平成」から「令和」へ 

演歌歌手の水森かおりさんに市観光大使を委嘱

高遠の桜と悲恋を歌う「高遠さくら路」(たかとお さくらみち)をリリースした演歌歌手の水森かおりさんに伊那市観光大使を委嘱しました。
16年連続で紅白歌合戦に出場するなど大活躍の水森さんは、市内で行われた各イベントに出席し、「高遠さくら路」を含むヒット曲を披露。伊那市観光大使として伊那市を盛り上げていただきました。

  • 【4月23日】水森かおりさん 伊那市観光大使委嘱式

お問い合わせ

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話:0265-78-4111(内線2131 2132)
ファクス:0265-74-1250

his@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る