このページの先頭です

サイトメニューここまで
  1. トップページ
  2. 広報
  3. フォトライブラリー
  4. 伊那市で東京2020パラリンピック聖火フェスティバル(8月12日)
本文ここから

伊那市で東京2020パラリンピック聖火フェスティバル(8月12日)

ページID:158101424

更新日:2021年8月12日

Share Your Light 「あなたは、きっと、誰かの光だ。」

記念撮影

この日、長野県伊那養護学校のどんぐり林で、「東京2020パラリンピック 長野県聖火フェスティバル」が行われました。
どんぐりの木を焚いて採火した聖火用ランタンを、伊那養護学校の生徒のみなさんや関係者、長野パラリンピック冬季大会のアイススレッジスピードスケート男子銀メダリストの加藤正さん(伊那市出身)で手渡しリレーしました。
この場に参加した皆さんは、「聖火フェスティバルで東京2020パラリンピックに関わることができてとても嬉しい。とても貴重な経験ができた。」と笑顔で喜んでいました。
最後に聖火用ランタンを聖火台に置いた、高等部生徒会長の金沢貫汰さんは、「緊張したが、貴重な経験ができてよかった。いつも散歩をしているどんぐり林に聖火が来て嬉しかった。出場する選手の皆さん、がんばってください。」と話しました。
今回採火された炎は長野市へ渡り、県内各地から集約された「長野県の火」として、8月16日(月)に東京へ向けて出立します。47都道府県から東京に集まった炎は、イギリスのストーク・マンデビルの炎とともに一つになり、「東京2020パラリンピック聖火」が誕生します。
なお、「東京2020パラリンピック競技大会」は、22競技539種目が21会場で実施され、8月24日(火)の開会式翌日から9月5日(日)の閉幕まで、12日間にわたり繰り広げられる予定です。

関連リンク

新型コロナウイルス感染対策のため、一般公開は行いませんでした。
式の模様は、以下の動画をご覧ください。

 

視聴方法

  • 「YouTube」を利用した画像配信です。
  • 画面中央の再生マークをクリックしてください。
  • パソコンにAdobeFlashPlayerがインストールされていない場合は、アドビシステムズ社(下記関連リンク)(別ウィンドウで開く)のウェブサイトからダウンロード(無料)してください。
  • 字幕機能をオンにした場合、発言が字幕表示されますが、自動字幕のため誤変換が多く、正しく表示されませんのでご了承ください。
  • 著作権は伊那市にあります。また、2次使用を禁じます。

お問い合わせ

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係

電話:0265-78-4111(内線2131 2132)

ファクス:0265-74-1250

メールアドレス:his@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

フォトライブラリー

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。