このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

全国削ろう会信州伊那大会開催(令和元年5月11日、12日)

更新日:2019年5月15日

職人の技を間近で

長野県では初開催

かんな削りをはじめ、手道具や伝統技術の可能性を追求する削ろう会。木材を削ることに拘り抜いた職人たちが、九州や東北など全国各地から集結し、1000分の1ミリを競い合う「薄削り」競技などが行われました。「削ろう会」の長野県支部の「信州鉋楽会」などで構成する実行委員会が主催し、長野県内で初めての開催となりました。
大会のテーマは「繋げたい信州の大自然と匠の技」。「大会を通して、技術の伝承だけでなく、地域の皆さんにも木のモノづくりに触れ森林に親しむきっかけになってほしい」という願いが込められています。
県内外から多くの皆さんが会場を訪れ、来場者数は2日間で延べ1万人。初日は、薄削り5寸鉋の部予選・決勝、2日目は薄削り予選・決勝が行われました。来場者の皆さんは、目の前で繰り広げられる職人の卓越した技術に見入っていました。

木にかかわる催し満載

競技以外にも、法隆寺の「昭和の大修理」を指揮した伝説の宮大工・西岡常一氏の唯一の内弟子、小川三夫氏による講演会をはじめ、建前の実演や鉋で薄く削られた木のくずで作る「削り華」ワークショップ、鉋・槍鉋体験ブースなど、木にかかわるさまざまな催しが開かれました。

沢渡駅舎に使われる柱や梁


伊那西高校美術クラブが描いたイメージ図

まさかり・おのを使って伊那産のアカマツを製材する「はつり」の実演も行われました。今回製材されたものは、建て替え予定の沢渡駅待合施設の柱や梁として使用される予定です。

全国削ろう会信州伊那大会公式ホームページ

お問い合わせ

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話:0265-78-4111(内線2131 2132)
ファクス:0265-74-1250

his@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

フォトライブラリー

よくある質問

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る