このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

第28回信州伊那井月俳句大会(高校・一般の部)投句募集について

更新日:2019年4月18日

応募方法

俳句3句1組(テーマは自由。何組でも応募可、未発表の自作作品に限ります。)
所定の応募用紙(ページ下段にリンク有り)にはっきりと楷書で記入し、(氏名、俳号、作品中の漢字にはふりがなをつけてください)投句料を添えて事務局へ持参もしくは郵送してください。(下段リンクからも投句できます。)

投句料

一般:3句1組1,000円
(句集代込、現金持参、郵送の場合は定額小為替か現金書留(定額小為替の場合は宛名無記名としてください))
振込先:八十二銀行伊那市役所出張所(普通)38411信州伊那井月俳句大会実行委員会
(シンシュウイナセイゲツハイクタイカイジッコウイインカイ)
注記:振込者欄には本名をご記載ください。振込票(写)を同封していただくと間違いがおこりません。
高校生:無料、高校生のみファックスでも応募できます。

締め切り

令和元年6月7日(金曜日)必着

選者

伊藤伊那男、金子覗石、佐藤文子、城取新平、中澤康人、降旗牛朗、古田紀一、堀川草芳、宮坂静生(敬称略・五十音順)

第二十八回信州伊那井月俳句大賞、伊那市長賞、高校生俳句大賞ほか9賞

表彰

俳句大会当日に入賞者の表彰を行います(入賞者へは事前に連絡します)。

その他

応募作品について、著作権およびこれから発生する権利は、すべて伊那市に帰属するものとします。また、入賞者・入選作品を伊那市の広報により公開する場合があります。当大会には小中学校の部もありますが、学校を通じてのみ応募できます。

応募先・お問い合わせ

〒396-8617
長野県伊那市下新田3050番地
文化スポーツ部文化交流課内「信州伊那井月俳句大会」担当
電話:0265-78-4111(内線2742)
ファックス:0265-72-4142

「みなさんのとっておきの俳句作品をぜひご応募ください」

第七回千両千両井月さんまつりのご案内

期日:令和元年8月31日(土曜日)
会場:伊那市生涯学習センター6階ニシザワいなっせホール(伊那市荒井3500番地1)
内容

  • 講演「内藤高遠藩と岡村菊叟を探る」
  • 講演「高遠藩の暮らしから伺う井月と菊叟、そして明治へ」他

第28回信州伊那井月俳句大会のご案内

期日:令和元年9月1日(日曜日)
会場:伊那市生涯学習センター6階ニシザワいなっせホール(伊那市荒井3500番地1)
日程:午前9時30分~小中学校の部表彰式
午前12時30分~当日句受付
午後1時45分~高校・一般の部表彰式開会
午後2時40分~当日句表彰式
(終了後、有志による懇親会を予定(会費1人2,500円程度))

2日間通して楽しめるイベントを開催予定です。ぜひお越しください!

投句用紙のダウンロード、オンライン投句は以下へ

投句用紙のダウンロードはこちらから

第28回信州伊那井月俳句大会投句募集用紙

第28回信州伊那井月俳句大会投句募集用紙(表紙)

注記:ご投句いただけましたら、必ず3営業日以内に投句料をお支払いください。
(応募締切日(令和元年6月7日)を3営業日過ぎても、ご入金が確認できない場合には、ご応募いただいた作品は無効とさせていただきます。また、ご入金があってもご応募いただいた作品が確認できない場合には、寄附金として処理させていただきますのでご注意ください。)

井月関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

伊那市役所 文化スポーツ部 文化交流課 文化交流係
電話:0265-78-4111(内線2742)
ファクス:0265-74-1250

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る