このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

秋の農作業安全運動月間です

更新日:2019年9月5日

令和元年9月1日(日曜日)から10月31日(木曜日)は、秋の農作業安全確認運動月間です。

また、令和元年9月1日(日曜日)から9月30日(月曜日)は、長野県における秋の農作業安全運動月間です。

農作業事故が多発しています。「ワンチェック、ワンアクションで農作業安全!」
農作業安全を地域みんなで進めましょう。
長野県内では、昨年農作業に係る死亡事故が15件と全国的にも発生件数が多く、今年も既に3件発生しています。特に、高齢者や不慣れな方による事故の割合が非常に高くなっています。また、農業機械による事故の他、刈り取った下草等を焼いた火が衣類に燃え移傷をした事故も多く発生しています。家族や仲間同士で互いに声を掛け合い、安全に作業を実施しましょう。

1.トラクターは走行中の転倒・転落に注意!

トラクターは重い装置を取り付けているため速度が早いと、曲がったり、急に止まることが難しくなります。
直角カーブ・鋭角カーブ・坂道走行・狭い道幅・草むらなどではスピードを抑えましょう。
乗車時はシートベルト・ヘルメットを着用しましょう。
エンジンの音により、付近の物音が聞こえにくくなります。周りの状況をよく見て、早期に危険を察知しましょう。
夜間は周囲が見えなくなり、大変危険です。早めにライトを点灯し、運転には十分気を付けましょう。

2.農作業車の交通事故防止のための対策、準備をしましょう。

ア 低速車マークや反射板を取り付けましょう。
道路では、後続車にわかりやすい位置に「低速車マーク」や「反射板」をとりつけましょう。
運転前に泥などで汚れていないかの確認を忘れずに行いましょう。
イ シートベルトの着用と安全キャップの装置
運転中は必ずシートベルトを着用しましょう。
また、救命効果の高い安全キャプや安全フレームがついているトラクターを使用しましょう。
ウ ブレーキの連結の確認
道路走行前に必ず左右のブレーキを連結しましょう。
ブレーキ連結をしていないと、ブレーキを踏んだ時に急旋回して、転落、横転する事故につながる恐れがあります。

3.草刈り機は不安定姿勢と飛散物に注意!

傾斜地・法面は滑りやすいので、安定した足場で作業しましょう。
小石などの飛散を防ぐため、防護する衣類を身につけましょう。

4.ゆとりをもって、安全な農作業を心がけることが大切です。

一人での作業はなるべく避け、休息を十分に取り、家族や友人同士みんなで声を掛け合って、農作業安全に取り組みましょう。

5.下草焼きでは、火に巻き込まれないようにしましょう。

6.万が一の事故に備えて「労災保険」に加入しましょう。

一定の要件を満たせば、自営農業者本人が加入できる「特別加入制度」があります。申込みと詳しい内容は、最寄りのJAまたは労働基準監督署へお問い合わせください。

農作業安全の啓発チラシを掲載しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

伊那市役所 農林部 農政課 農政係
電話:0265-78-4111(内線2411 2865)
ファクス:0265-72-4142

noi@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る