このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

伊那市の友好団体

更新日:2014年10月1日

【東京都新宿区】(昭和61年7月12日 友好提携)

 東京都に23区ある特別区の一つで、面積約18平方キロメートル、人口約30万人です。大繁華街と住宅地、歴史ある地名と再開発地域、多くの外国人の居住など、大都市東京を縮図にしたような性格を持ちます。新宿区と旧高遠町との縁は江戸時代に遡り、現在の新宿御苑一帯が高遠藩主内藤家の下屋敷であり、その一部が新しい宿場「内藤新宿」となった関係から相互交流によって友好を深め、昭和61年7月12日に友好提携を宣言しました。まちが持つ歴史の記憶が、多くの人によって紡がれ、地域の皆さんが主役となる形での交流が育まれてきました。旧高遠町から友好関係がさらに発展することを願い、平成18年7月2日に、新宿区と伊那市は友好提携を宣言しました。

【愛知県知立市】(平成6年11月7日 友好都市締結)

 愛知県の中央部に位置する面積約16平方キロメートル、人口約6万8千人の市です。古来より交通の要衝として栄え、鎌倉時代に整備された鎌倉街道や江戸時代の東海道の跡を見ることができます。古くは池鯉鮒(ちりゅう)と書きました。伊那市とは知立市の野外センター建設がきっかけで交流が始まりました。

【福島県会津若松市】(平成12年9月24日 親善交流締結)

 福島県西部の会津地方の中心都市で、面積約383平方キロメートル、人口約13万人です。江戸時代には会津藩の城下町として栄え、鶴ヶ城や白虎隊など、歴史上の事物が観光資源として有名です。江戸時代に高遠藩主であった保科正之公(徳川秀忠四男)が会津松平家初代藩主となり、多くの家臣を伴って会津に根づいたつながりから、旧高遠町との間で交流が始まりました。旧高遠町からの友好関係がさらに発展することを願い、平成22年4月20日に、会津若松市と伊那市は親善交流を宣言しました。

【福島県猪苗代町】(平成16年9月23日 親善交流締結)

 福島県のほぼ中央に位置し、面積約395平方キロメートル、人口約1万6千人の町です。北西に磐梯山がそびえ、南には猪苗代湖を湛えるなど、自然環境に恵まれており、古来より交通の要衝として発展してきました。会津若松市と同様、保科正之公の縁で、旧高遠町との交流が進められてきました。

【東京都三宅村】(昭和45年4月21日 友好町村盟約締結)

 伊豆諸島北部の三宅島などを村域とする村で、面積は約56平方キロメートル、人口約3千人です。平成12年に雄山が噴火し、一時住民全員が島外へ避難しましたが、平成17年に避難命令が解除され、復帰が始まりました。江戸時代の「絵島生島事件」で、大奥の大年寄絵島が高遠に遠流となり、歌舞伎役者の生島新五郎が三宅島に流罪となったのを縁として、旧高遠町との間で友好交流が始まりました。

【静岡県磐田市】(昭和59年8月1日 友好町村盟約締結)

 日本のほぼ中央、静岡県西部の天竜川東岸に位置し、面積約164平方キロメートル、人口約17万6千人の市です。江戸時代、東海道の中間地点に位置し、交通の要所として発展してきたため、鉄道や道路など東西方向の交通体系に恵まれています。旧福田町(磐田市)と旧長谷村との間で、天竜川で結ばれた「海」と「山」の地域として、子どもたちの相互訪問を中心に交流が行われています。

【中華人民共和国北京市通州区】(平成6年11月22日 友好都市締結)

 中華人民共和国の首都北京市にある3区のうちのひとつです。区域は約907平方キロメートル、人口は約100万人です。農業が盛んですが、最近は急速に工業化が進んでいます。

注記 友好団体の締結をした時期により名称は異なりますが、各団体との友好の程度に違いがあるものではありません。

関連リンク

お問い合わせ

伊那市役所 総務部 総務課 庶務係
電話:0265-78-4111(内線2111 2112)
ファクス:0265-74-1250

sou@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る