このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年4月から活動していただく地域おこし協力隊を募集します

更新日:2019年12月20日

伊那市地域おこし協力隊

募集ちらし

地域おこし協力隊とは

地方自治体が都市住民を受入れ、地域おこし協力隊員として委嘱し、地域産業の振興や住民の生活支援などの地域活性化に向けた活動に従事しながら、自らも当該地域への定住・定着を図るものです。

活動の様子

伊那市では、令和元年12月現在、10人の隊員が活動しています。
詳しくは、下記リンク先の「伊那市地域おこし協力隊の紹介」をご覧ください。

募集内容

業務概要・募集人員

(1)空き家コンシェルジュ(高遠町地域)1名

・空き家所有者との調整による物件の掘り起し
・空き家所有者と移住希望者のマッチング
・移住希望者と地域を繋ぐ機会の創出
・地元有志との連携した事業の実施及び支援
・地域の魅力の発信

(2)つながり人口創出コーディネータ(市内全域)1名

・信大生等との地域との接点づくりによる地域への愛着の醸成とスタートアップの支援
・ふるさとワーキングホリデーなどによる都市部学生、若者の関係人口化
・学術・研究フィールドとしての地域と大学とのマッチング

(3)地域林業もりあげ隊(市内全域)1名

・森林施業等の技術習得の研修への参加
・自伐型林業の調査、研究
・市有林を活用した森林整備の実践
・木材、林産物などの地域資源を生かした新商品の研究
・森林体験イベント等への協力
・50年の森林(もり)ビジョン、市の森林の情報発信

(4)インバウンドコンダクター(市内全域)1名

・市内各種施設における外国人観光客受け入れのための意識改革、態勢構築
・外国人観光客向け観光コンテンツの発掘と外国人向け観光ルートの構築
・SNS、ホームページ、商談会などを活用した国内外への情報発信
・インバウンド対策に取り組む各種団体との連携
・その他インバウンド推進に関する企画立案・実施

(5)長谷農業再生応援隊(長谷地域)1名

・長谷地域の農産物の生産・加工・販売(6次産業化にむけての検討)
・長谷地域の農産物の新たな特産物等の研究開発
・長谷地域農産物の宣伝・情報発信

応募資格

  • 年齢が20歳以上概ね45歳以下の方(令和2年4月1日現在)
  • 条件不利地域(注釈1)以外の地域から生活の拠点を伊那市(注釈2)へ移し、住民票を異動することができる方
  • 地域の活性化に深い熱意と知識を有し、かつ、積極的に活動できる方
  • 心身ともに健康で、地域になじむ意志を有し、かつ、誠実に活動を遂行できる方
  • 普通自動車運転免許を取得している方(令和2年4月1日までに取得見込みの方を含む)
  • パソコンの一般的な操作ができる方
  • (4)インバウンドコンダクターについては、TOEIC700点程度の英語力を有する方

注釈1:
条件不利地域とは、過疎地域自立促進特別措置法(平成12年法律第15号)、山村振興法(昭和40年法律第64号)、離島振興法(昭和28年法律第72号)、半島振興法(昭和60年法律第63号)、奄美群島振興開発特別措置法(昭和29年法律第189号)、小笠原諸島振興開発特別措置法(昭和44年法律第79号)および沖縄振興特別措置法(平成14年法律第14号)の各法により指定された地域
注釈2:
3大都市圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県および奈良県内の市町村)以外の地域(政令指定都市を除く)から住所を移す場合は、市内の高遠町および長谷の区域に限る。

任用形態

(1)任用方法

隊員の委嘱応募資格を満たす方の中から、市長が委嘱します。
市との雇用関係はありませんので、兼業も可能です。

(2)委嘱期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日とし、最長で3年まで延長する場合があります。

(3)報償費

隊員の報償費は、月額166,600円とします。雇用ではなく、委嘱となりますので、雇用保険には加入しません。健康保険等は、各自で対応してください。

活動形態

(1)活動従事時間

週24時間を基本とします。

(2)活動経費

活動に必要と認められる作業道具、消耗品、旅費などの経費は、市が負担します。

住居・車両

(1)住居

委嘱期間中の住居は、市が無償で貸与します。
転居に係る費用、生活備品および光熱水費などは、個人負担となります。

(2)車両

隊員の活動に必要な車両は、原則として隊員が用意するものとします。
燃料代は、活動に関わる移動距離に応じ、市が負担します。

応募方法・選考方法

(1)応募方法

下記の募集要領をご確認いただき、応募用紙にご記入のうえ、提出書類を添付して伊那市役所4階地域創造課へ持参または郵送してください。

提出書類
  • 応募用紙
  • 住民票の写し
  • 運転免許証の写し

提出書類は返却しません。
応募に要する一切の費用は、応募者の負担となります。

(2)応募受付期間

令和元年12月20日(金曜日)から令和2年2月3日(月曜日)まで(必着)

(3)選考方法

書類および面接による審査を行います。

第1次選考

書類選考のうえ、結果は、2月10日(月曜日)を目途に応募者全員に通知します。

第2次選考

第1次選考合格者を対象に2月16日(日曜日)に第2次選考(面接による審査)を行います。面接のために要する交通費などは、応募者の負担となります。詳細は、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。選考結果(最終)は、第2次選考受験者に2月28日(金曜日)を目途に通知します。

(4)応募・問い合わせ先

〒396-8617
長野県伊那市下新田3050番地
伊那市役所企画部地域創造課担当:田中
電話:0265-78-4111(内線2155)
ファックス:0265-74-1250
電子メール:jkz@inacity.jp

県外での相談会

関東エリア

(1)長野県「楽園信州セミナー~田舎ならではの物件探しのコツ教えます~」

地域おこし協力隊の応募および移住に関する相談を承ります。
日時:令和2年1月12日(日曜日)午前11時15分から午後2時30分まで
会場:ふるさと回帰センター(東京交通会館8階)
その他:伊那市の先輩移住者鈴木良さん(古民家再生ブロガー)がセミナーの講師をつとめます。

(2)伊那市セミナー「地域おこし協力隊と語る夜」

地域おこし協力隊の応募および移住に関する相談を承ります。
日時:令和2年1月12日(日曜日)午後5時から午後7時まで
会場:銀座NAGANO(2階イベントスペース)

(3)伊那市「出張移住相談デスク」

地域おこし協力隊の応募および移住に関する相談を承ります。
日時:令和2年1月25日(土曜日)午前10時から午後6時まで
会場:ふるさと回帰支援センター(東京交通会館8階)

(4)JOIN「移住・交流&地域おこしフェア」

地域おこし協力隊の応募および移住に関する相談を承ります。
日時:令和2年1月26日(日曜日)午前10時から午後5時まで
会場:東京ビックサイト東1・2ホール

関西エリア

(1)伊那市「出張移住相談デスク」

地域おこし協力隊の応募および移住に関する相談を承ります。
日時:令和2年1月24日(金曜日)午後1時から午後5時分まで
会場:長野県大阪事務所(大阪駅前第1ビル8階)

(2)大阪ふるさと暮らし情報センター「いなスタ」

地域おこし協力隊の応募および移住に関する相談を承ります。
日時:令和2年1月25日(土曜日)午後11時から午後4時まで
会場:大阪天満OMMビル2階Bホール

伊那市の概要・移住案内

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

伊那市役所 企画部 地域創造課 人口増推進係
電話:0265-78-4111(内線2252 2155)
ファクス:0265-74-1250

jkz@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る