このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

創造館だより2017年10月号

更新日:2017年9月25日

創造館だより 2017年10月号をお届けします。今回の内容は以下のとおりです。

  • 創造館自主制作映画祭2017開催のお知らせ
  • 老松場ろうしょうば古墳群」調査の現地説明会を開催しました。

創造館だより 2017年10月号おもて

伊那市創造館自主制作映画祭2017

大阪・伊那・東京・激突・映像リニアBルート the 3rd

日時:2017年10月28日(土曜日)午後1時15分から5時15分(予定)
会場:伊那市創造館 3階 講堂
入場料:無料
申し込み:不要

アニメ・アクション・青春映画・SF・ホラー・ファンタシー・怪獣・昆虫・教養映画、
何でもありのやみ鍋上映会!
注記:上記の画像に掲載してある作品は9月5日時点での上映予定作品で、映画祭当日変更がある場合があります。

創造館だより 2017年10月号うら

新たな前方後円墳の発見となるか!? 

全国的に注目されている、「老松場ろうしょうば古墳群」調査の現地説明会を開催しました

関西大学文学部考古学研究室と伊那市教育委員会で、3か年計画で行っている「老松場古墳群」の調査の、1年目の調査が無事に終わりました。今年度は前方後円墳であれば上伊那で2例目となる「1号墳」、市内最大級の円墳である「7号墳」を中心に測量調査を行いながら、古墳群全体の状況確認を実施しました。その成果を9月3日(日曜日)に、現地で100人を超える参加者が集まる中、説明会を開催しました。

話題の1号墳、最新測量図!
今回、関西大学考古学研究室の調査では、12.5センチ間隔の等高線で古墳の測量図面を作成しました。すると、見事に前方後円墳の形が現れたのです。
 しかし、来年度はさらに発掘調査をして古墳の形を確かめる予定です。来年の新たな発見も楽しみな、老松場古墳群です!

老松場ろうしょうば古墳群とは?
「伊那市史」によると、東春近にある老松場古墳群は7基の古墳からなり、6世紀半ばから8世紀初頭頃にかけて営まれた古墳とされています。その中でも1号墳は、全長約31メートルを測る古墳群最大の大きさで、双円墳という墳形であるとされています。
 この老松場古墳群を、地元住民、東春近小学校児童、保護者らが平成27年から「老松場の丘・古墳公園」として整備していました。その活動の中で、同校6年生が、1号古墳を測量し、前方後円墳である可能性が出てきました。古墳の形から、前方後円墳であれば上伊那2例目、しかも南信地方では最古級となる可能性があります。

注記:現地説明会の配布資料を伊那市創造館でお渡しします。ご希望の方は事務室にお声がけください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

伊那市役所 教育委員会 文化振興課 創造館
電話:0265-72-6220
ファクス:0265-74-6829

szk@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠1806番地 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る