このページの先頭です

サイトメニューここまで
  1. トップページ
  2. 施設案内
  3. 図書館・美術館・博物館
  4. 伊那市創造館
  5. 展示
  6. 常設展示
本文ここから

常設展示

ページID:528922442

更新日:2022年1月24日

伊那市創造館では、日本で最も美しいといわれる神子柴遺跡出土の石器と、縄文時代の精神世界を不思議な造形美で表現する顔面付釣手形土器、この2件の国重要文化財を常設展示しています。
観覧料は無料です

常設展示室の写真
常設展示室

長野県神子柴(みこしば)遺跡出土品

出土点数 66点
上伊那郡南箕輪村 神子柴みこしば遺跡いせき出土
旧石器時代最終末から縄文時代草創期
昭和63年(1988年)6月6日 国重要文化財指定

神子柴遺跡みこしばいせきでは、約6メートル×3メートルの狭い範囲から、完成された石器ばかりがまとまって出土しました。大型のものが多く、刃の部分を磨いた石斧せきふや、両面を加工した尖頭器せんとうきなど、非常に高い技術で作られています。また、未使用の石器が多く、意図的に配置されたような出土状態や、石材の産地が広範囲にわたることなどから、遺跡の性格をめぐって、「祭祀場さいしじょう説」「墳墓ふんぼ説」「デポ(埋納)説」「住居説」など多くの説が唱えられていています。


ながのけんみこしばいせきしゅつどひんのパンフレット

顔面付釣手形土器(がんめんつきつりてがたどき)

 出土点数 1点
伊那市富県とみがた 御殿場遺跡ごてんばいせき出土
縄文時代中期後葉こうよう
平成元年(1989年)6月12日 国重要文化財指定

 この土器は、ひもを通してつるす部分(釣手つりて)が付けられた鉢形の土器です。人面の装飾がほどこされ、両側には5本の指のようなものが表現されていて、大きな手が土器を抱えているようにも見えます。
 釣手土器つりてどきは一つの集落遺跡の中から、まれにしか出土しない土器で、祭祀さいしなどで大切に使われていたと考えられます。

がんめんつきつりてがたどきのパンフレット

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader (新規ウインドウで開きます。)

お問い合わせ

伊那市役所 教育委員会 生涯学習課 創造館

電話:0265-72-6220

ファクス:0265-74-6829

メールアドレス:szk@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。