伊那市

分杭峠(気場)

更新日:2016年12月27日

分杭峠からの眺望

氣場の様子

分杭峠「従是北高遠領」石柱

分杭峠(ぶんくいとうげ)

 日本最大の断層「中央構造線」が縦貫する分杭峠は、杭を分ける峠というように長谷と下伊那郡大鹿村の境に位置し、「従是北高遠領」と刻まれた石柱が建てられ、現在は郡境になっています。また古くから遠州秋葉神社へ至る秋葉街道の峠のひとつでした。

 中国湖北省蓮花山のゼロ磁場を発見した有名な気功師、張志祥氏により、この分杭峠のゼロ磁場が発見されました。
 蓮花山のゼロ磁場地帯は「人が幸せになれる場所」ともいわれ、多くの人々が癒しを求めて訪れています。その張志祥氏を日本に招いて、日本全国を対象にゼロ磁場を探してもらったところ、蓮花山に匹敵する素晴らしい場所が発見されました。それが分杭峠だったのです。

注記1:分杭峠周辺には駐車場がありません。シャトルバスをご利用ください。
注記2:水場へ続く林道は、崩落・落石など危険なため全面通行止めです。
注記3:水場の水は飲料水に適していませんので、ご注意ください。

関連リンク

伊那市役所 商工観光部 山岳高原観光課 山岳高原観光係
電話番号:0265-98-3130(内線52)
FAX:0265-98-2029

h-sgk@inacity.jp

市のトップへ戻る

市役所アクセス