伊那市

落札後の手続きの流れ(「不動産」の場合)

更新日:2014年10月1日

落札後の手続(不動産の場合)

1
契約書の作成 伊那市は、落札後、落札者と契約を交わします。
契約の際には伊那市より契約書を送付しますので、落札者は必要事項を記入・押印のうえ、下記の関係書類を併せて伊那市に直接持参又は郵送してください。
必要書類

契約保証金充当依頼書兼売払代金充当依頼書
注記 落札者の入札保証金を、契約保証金および売払代金の一部に当てる依頼書です。
 
市町村が発行する身分証明書
 3ヶ月以内に発行された住民票、印鑑登録証明書など
 
登録免許税法に定める登録免許税相当分の収入印紙または登録免許税を納付したことを証する領収証書

 ↓

2
権利移転の手続き

ア.落札者は権利移転したあと、伊那市に対し所有権移転登記を嘱託したものとみなします。
 
イ.共同入札の場合は、共同入札者全員が伊那市に対し所有権移転登記を嘱託したものとみなします。また、公有財産売却の財産の持分割合は、移転登記前に伊那市に対して任意の書式にて申請してください。
 
ウ.所有権移転の登記が完了するまで、入札終了後1か月半程度の期間を要することがあります。

 ↓

3
売払代金納付期限 契約の締結後2ヶ月以内に納入してください。
納付方法

ア.伊那市が指定する口座への振込み
注記 伊那市より電子メールで振込先の口座をお知らせします。
注記 振込み手数料は落札者の負担となります。
 
イ.郵便為替による納付
注記 発効日から起算して175日を経過していないものに限ります。
注記 郵便為替証書は現金書留郵便にて伊那市に送付してください。
注記 現金書留の郵送料は落札者の負担となります。
 
ウ.現金又は銀行振出の小切手を伊那市に直接持参
注記 銀行振出小切手は、伊那市手形交換所加盟の金融機関が振り出し、振出日より5日以内のもので、受取人は持参人扱いとしたものに限ります。

 ↓

4
注意事項

ア.落札後、契約を締結した時点で、落札者に公有財産売却の財産にかかる危険負担は落札者に移転します。したがって、契約締結後に発生した財産の破損、焼失など伊那市の責に帰すことのできない損害の負担は、落札者が負うこととなり、売払代金の減額を請求することはできません。
なお、落札代金の残金を納付した時点で所有権は落札者に移転します。
 
イ.公有財産売却の財産内の動産類やゴミなどの撤去などは、すべて落札者自身で行ってください。
 
ウ.権利移転に伴う費用(移転登記の登録免許税、登記嘱託書の郵送料など)は落札者の負担となります。
 
エ.所有権移転などの登記を行う際は、登録免許税法に定める登録免許税相当分の収入印紙または登録免許税を納付したことを証する領収証書が必要となります。
(ア)売払代金の残金を銀行振込で納付する場合
 売払代金の残金を納付後、収入印紙などを伊那市に送付してください。
(イ)売払代金の残金を持参する場合
 収入印紙などを併せて持参してください。
 共同入札者が落札者となった場合、登録免許税相当分の収入印紙または登録免許税を納付したことを証する領収証書は、共同入札者の人数分だけ必要となります。共同入札者は、各々の持分に応じた登録免許税相当額を納付してください。(実際に持参または送付する場合は全共同入札者の合計で構いません)
 
オ.所有権移転登記を行う際に、伊那市と所管の法務局との間で登記嘱託書などの書類を送付するために郵送料(切手1500円程度)が必要です。

関連リンク

関連ファイルダウンロード

伊那市役所 総務部 財政課 管財係
電話番号:0265-78-4111(内線2162 2163)
FAX:0265-74-1250

zai@inacity.jp

市のトップへ戻る

市役所アクセス