このページの先頭です

サイトメニューここまで
  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育てに関する支援・手当
  4. 子育て世帯への臨時特別給付の趣旨について
本文ここから

子育て世帯への臨時特別給付の趣旨について

ページID:347564811

更新日:2022年3月7日

趣旨

新型コロナウイルス感染症が長期化しその影響が様々な人々に及ぶ中、子育て世帯については、我が国の子供たちを力強く支援し、その未来を拓く観点から、児童を養育している者の年収が960万円以上(注1)の世帯を除き、0歳から高校3年生までの子供たち(注2)に1人当たり10万円相当の給付を行います。
(注1)扶養親族等が児童2人と年収103万円以下の配偶者の場合の目安。
(注2)平成15年4月2日から令和4年3月31日までの間に出生した児童。

伊那市では、12月28日に先行給付金(5万円)の支給を行い、1月中旬頃には追加給付金(5万円)の支給を行う予定です。

離婚の場合等について

今回の給付金については、可能な限り迅速に支給するため、

  • 中学生以下は、令和3年9月分の児童手当受給者(8月31日時点で子供を養育している者)
  • 高校生等は、令和3年9月30日時点で子供を養育している者

を基準として支給することとしており、離婚等によりこの基準の前後で養育者が異なる場合、子供たちを現在養育している方に届かないことがあります。

ご協力のお願い

上記の給付金の趣旨は、離婚の場合等であっても変わるものではありませんので、上記の基準前後で養育者が異なる場合には、子供たちにとって望ましい使途についてよく話し合っていただくなど、子供たちの未来を拓く観点から子供たちのためにご活用いただけるよう受給者の皆様にはご協力をお願いします。

支援給付金のご案内

このたび、現に子供を養育しているにもかかわらず、給付金を受け取れない場合がある点を是正し、こうした方々に対する支給が可能となりましたので、該当される方は申請をお願いします。
なお、対象の方には令和4年2月15日付で通知および申請書をお送りしました。

支給対象

中学生以下は8月31日
高校生等は9月30日
より後の離婚等によって、2月28日時点で児童を養育しているものの、給付を受け取っていない方

支給額

対象児童一人につき10万円
(注)元養育者からすでに給付金の一部を受け取っていたり、児童のために費消されている場合はその額を差し引いた額

申請期限

令和4年3月31(木曜)

提出書類

(1)令和3年度子育て世帯への臨時特別給付(支援給付金)申請書
(2)本人確認書類の写し(コピー)
  (申請者の運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、パスポート等の写し)
(3)所得確認のための書類(伊那市で児童手当の申請をされている方は不要)
申請者が令和3年1月1日に伊那市民でない場合には、マイナンバーをご記入いただくか、公務員等の児童手当受給者の方は、児童手当(本則給付)を受給していることがわかる書類(支払通知書・認定通知書の写し等)を提出してください。
(4)児童手当を受給していない高校生等の保護者の方等は、口座番号のわかる通帳やキャッシュカードの写し(コピー)
 (注)口座名義人は、申請者ご本人名義に限ります。
(5)子供が市外にお住まいの方は、子供の世帯の住民票(世帯全員のもの、本籍地入り)
(6)高校生の保護者の方等は、令和4年2月28日までに離婚したことがわかる書類(離婚届受理証明書、離婚届記載事項証明書、戸籍謄本、戸籍抄本等) 又は 9月以降の事情変更に関する必要な書類

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader (新規ウインドウで開きます。)

お問い合わせ

伊那市役所 保健福祉部 子育て支援課 子育て支援係

電話:0265-78-4111(内線2321 2322 2323)

ファクス:0265-73-4151

メールアドレス:kos@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。