このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

Newドギーバッグアイデアコンテストの開催について

更新日:2020年5月27日

市では、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」の削減に向け、環境基本計画の重点プロジェクトのひとつに食品ロスの削減を掲げ、行政、事業者、消費者が連携して、食品ロスのない社会の構築を目指しています。食品ロスの削減には、小盛メニューの導入や需要予測精度の向上など事業者の取り組みに加え、消費者が食べきることができる量を注文し、提供された料理を食べきることが大切です。もし食べきることができなかった場合でも、自己責任の範囲で持ち帰ることが重要です。

Newドギーバッグアイデアコンテスト

環境省、消費者庁、農林水産省及びドギーバッグ普及委員会は、外食などで食べきることができなかった料理について、留意事項を十分に理解し自己責任の範囲で料理を持ち帰ることを習慣として広め、消費者と店舗の相互理解のもとで、持ち帰りの実践を促す社会的な機運の醸成を目的に、「Newドギーバッグアイデアコンテスト」を開催します。

ドギーバッグとは

「ドギーバッグ」は外食などでついつい食べきれずに残してしまった料理を持ち帰るための容器のことです。そもそもは、家で待つ愛犬にも分けてあげるためと(言い訳をして)持ち帰ったことから、この名がついたとされ、欧米では日常的に行われています。

募集概要

募集部門

1.ネーミングの部

 「ドギーバッグ」は家で待つ飼い犬のため(と言い訳をして)持ち帰るということに由来するといわれています。しかし、せっかく提供された料理は、食べきることができなかった場合でも、自分や家族のために持ち帰って美味しく頂き、食品ロスの削減にもつなげたいものです。そこで、その気持ちをわかりやすく伝えるため、「飲食店等で食べきることができなかった料理を持ち帰る行為」についての新しいネーミングを募集します。

2.パッケージデザインの部(一般の部、子供の部)

 実際に利用者が持ち帰るために、持ち帰りやすく、魅力的なデザインで、かつ、衛生面にも配慮された持ち帰り用のパッケージデザインを募集します。応募に当たっては、以下2種類の方法があります。

  • 形状、素材を含め全く新しいデザインの容器の御提案
  • 既存の容器の形状を活用し、印刷される絵柄等に関するオリジナルデザインの御提案

応募方法

 環境省の食品ロスポータルサイト内の特設サイトからご応募ください。

応募締め切り

 令和2年8月16日 日曜日 24時まで

関連ファイル

リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

伊那市役所 市民生活部 生活環境課 環境政策係
電話:0265-78-4111(内線2211 2212)
ファクス:0265-73-4151

sei@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る