このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

低未利用土地等の譲渡に係る所得税及び個人住民税の特例措置について

更新日:2020年7月27日

 令和2年度税制改正において、低未利用土地等について、一定の要件を満たす譲渡をした場合の所得税及び個人住民税の特例措置が新たに創設されました。

特例措置の概要

適用対象期間

  令和2年7月1日から令和4年12月31日までの間に要件を満たした譲渡をした場合に適用を受けることができます。

適用対象となる譲渡の主な要件

(1) 都市計画区域内の土地等であること

(2) 譲渡をした者が個人であること

(3) 低未利用土地等であること及び譲渡の後の当該低未利用土地等の利用について、市長の確認がされたものの譲渡であること

(4) 譲渡の年の1月1日において所有期間が5年を超えるものの譲渡であること

(5) 低未利用土地等及び当該低未利用土地等とともにした当該低未利用土地等の上にある資産の譲渡の対価の額の合計が500万円を超えないこと

(注)特例措置適用についての詳細は、税務署へお問い合わせください。

税制上の優遇措置

 売主の長期譲渡所得を100万円控除

提出書類

低未利用土地等であることの確認

(1) 別記様式1-1

(2) 売買契約書の写し

(3) 以下のいずれかの書類

 ・本市が運営する空き家バンクへの登録が確認できる書類

 ・宅地建物取引業者が、現況更地・空き家・空き店舗である旨を表示した広告

 ・電気、水道又はガスの使用中止日が確認できる書類

 ・その他要件を満たすことを容易に認めることができる書類(宅地建物業者の確認書(別記様式1-2)等)

譲渡後の利用についての確認

ア 宅地建物取引業者の仲介により譲渡した場合

 ・別記様式2-1

イ 宅地建物取引業者を介さず相対取引にて譲渡した場合

 ・別記様式2-2

ウ 上記様式いずれも提出できない場合

 ・別記様式3

その他の要件の確認等

・申請のあった土地等に係る登記事項証明書

・申請のあった土地等の場所がわかる位置図

注意事項

・申請を受けて市から発行される「低未利用土地等確認書」は、特例措置の適用を確約する書類ではありませんので、ご注意ください。

・申請から発行までに通常1週間ほどかかりますので、税務署への手続き期限を考慮し、日数の余裕をもってお手続きください。

関連ファイルダウンロード

お問い合わせ

伊那市役所 企画部 企画政策課
電話:0265-78-4111(内線2141)
ファクス:0265-74-1250

kij@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

このページを見ている人はこんなページも見ています

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る