このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

創造館だより 2019年11月号

更新日:2019年10月23日

創造館だより 2019年11月号をお届けします。今回の内容は以下のとおりです。

  • 創造館の新しいアイドル「土偶のドグウちゃん(仮)」のなまえ決定!
  • 冬の体験教室 「縄文の音を聞こう!干支(えと)・縄文の土鈴作り」開催と参加者募集のお知らせ
  • 冬の体験教室 「お手軽!ジビエ家庭料理教室」開催と参加者募集のお知らせ
  • 宇宙講演会「はやぶさ2」いよいよ帰還へ 寺薗淳也氏講演会開催のお知らせ
  • 令和元年度上伊那教育会所蔵作品展 伊那谷の生んだ芸術家たち(6)開催のお知らせ
  • 上伊那児童生徒習字作品展開催日程のお知らせ

創造館だより 2019年11号表

創造館の新しいアイドル「土偶のドグウちゃん(仮)」のなまえ決定!

あらためて、はじめまして。月見松遺跡生まれのつきミンです。!

8月からなまえを大募集していた月見松遺跡出土土偶の愛称が、「つきミン」と決定しました。 提案者は、駒ヶ根市の亀田アヤコさん。職場のみんなで考えたそうです。「早く出張から帰ってきてほしい~」と、創造館での対面を心待ちにされています。
「つきミン」提案者の亀田さんには、創造館特製マグネット(全種類箱入りセット)が贈られます。

注記:月見松遺跡出土土偶は、現在県立歴史館で開催中の「土偶展」に出張中です。創造館に戻り次第ホームページ等でお知らせ致します。

創造館冬の体験教室開催のお知らせ

縄文の音を聞こう!干支(えと)・縄文の土鈴作り

開催日:11月23日(土曜日)
時間:午後1時30分から3時30分
会場:伊那市創造館1階 体験学習室1
対象:小学生から大人
定員25人
参加費:300円
申込:必要(詳しくは申込方法をご覧ください。)
申込期限:11月14日(木曜日)
 平成22年、うさぎの土鈴から始まった創造館の定番イベント。来年の干支、ねずみの形をした鈴と、縄文時代の鈴を粘土で作ります。出来上がった作品は陶芸窯で焼き上げ、年内(12月中旬以降)にお渡しします。
 お正月の飾りにもぴったり!子年生まれの方は、ぜひご参加ください。

お手軽!ジビエ家庭料理教室

開催日:12月7日(土曜日)
時間:午前10時から午後3時30分
会場:伊那市創造館1階 体験学習室2
講師:鈴木 明すずき あきら氏【家庭料理技能検定1級、料理ブログ「あきらや料理録」で検索!】
対象:大人(高校生以上)または親子 (小中学生のみの参加は不可)
定員:20人
参加費:1000円
申込:必要(詳しくは申込方法をご覧ください。)
申込期限11月27日(水曜日)
 毎年大好評の「お手軽!ジビエ家庭料理教室」。今年も、シカ肉などを使っておいしい家庭料理を作ります。ふだんの料理にも使えるテクニックも学べる、大人のための料理教室です。
 縄文人も大好きだったシカ肉などをおいしく調理して、ご家庭の定番メニューにしましょう!
メニューは色々なジビエソーセージ、ジビエカレーを予定しています。メニューを一部変更することもあります。

申込方法

参加者の名前・住所・電話番号・e-mailアドレス(あれば)・子供が参加者の場合は年齢・保護者のお名前を忘れずに記入いただき、e-mail,電話,FAXでお申し込みください。
または、下記の申込フォームからお申込みください。
「利用者登録をせずに申し込む方はこちらを」選択して、必要項目を入力してください。

申込先

伊那市創造館

電話:0265-72-6220

ファックス:0265-74-6829

メール:szk@inacity.jp

注記1:応募者多数の場合は抽選となります。

創造館だより 2019年11月号うら

宇宙講演会「はやぶさ2」いよいよ帰還へ 寺薗淳也氏講演会

開催日:12月1日(日曜日)
時間:午後1時30分から午後3時15分
会場:伊那市役所1階 多目的ホール
講師:寺薗淳也准教授(会津大学 企画運営室 先端情報科学研究センター)
申込:不要
参加費:無料

 2014年12月3日に、種子島宇宙センターから打ち上げられた「はやぶさ2」は、順調に航行を続け、2018年6月27日に、目的の小惑星リュウグウに到着しました。
 その後さまざまな世界初のミッションをすべて成功させ、ついに今年の12月、地球に向けての帰還を開始する予定です。この「はやぶさ2」の快挙を記念して、初代はやぶさプロジェクトでJAXAじゃくさ広報を担当した、会津大学寺薗淳也准教授をお招きしての宇宙講演会を開催します。

寺薗淳也てらぞの じゅんや准教授(会津大学 企画運営室 先端情報科学研究センター)プロフィール

 1967年東京生まれ。名古屋大学卒。東京大学大学院博士課程中退。宇宙開発事業団、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、財団法人日本宇宙フォーラムを経て、2007年より会津大学。
JAXA時代は広報部に所属し、初代はやぶさの小惑星イトカワへのタッチダウンを全世界に発信した。専門は惑星科学、情報科学。月・惑星探査を中心とした情報システムの構築などを専門としている。また月・惑星探査の普及啓発などにも努めている。
 著書は「夜ふかしするほど面白い月の話」(PHP研究所、2018年)、「宇宙探査ってどこまで進んでいるの?」(誠文堂新光社、2019年)など。

令和元年度上伊那教育会所蔵作品展 伊那谷の生んだ芸術家たち(6)

開催期間:11月16日(土曜日)から12月1日(日曜日)
開館時間:午前10時から午後5時
会場:伊那市創造館1階 特別展示室
休館日:火曜日
観覧料:無料
 伊那市創造館には、上伊那郷土文化の発展向上に寄与するという願いのもと、上伊那教育会を中心に収集された2万点に及ぶ貴重な資料が収蔵されています。その中で美術資料は、伊那谷にゆかりのある、日本画、洋画、彫刻、版画、工芸などの分野の先人たちの作品が、多く収蔵されています。
 5年前から伊那市創造館と上伊那教育会が連携して、「郷土が誇る芸術家たち」と題して毎回テーマを決めて所蔵作品を中心に展示を行っています。第6回目となる今回は~洋画【その1】~と題して所蔵する洋画作品(水彩・油彩)の中から上伊那教育会美術委会が選考した作家、中川紀元なかがわ きげん伊藤真之助いとうしんのすけ早川貞明はやかわていめい伊藤 隆いとうたかし松井緑まついみどり小笠原正雄おがさわらまさおの風景画、静物画等の作品を展示します。
 郷土の芸術家とその素晴らしい作品を改めて知っていただけるような展示にしております。開催中はぜひ、創造館に足をお運びください。

上伊那児童生徒習字作品展(上伊那教育会国語委員会、書写書道研究会共催)

作品展 ・ 1上伊那北部・南部の小中学校
(辰野町・箕輪町・南箕輪村・宮田村・駒ヶ根市・飯島町・中川村)
期間:11月23日(日曜日)から11月25日(月曜日)
時間:午前10時30分から午後6時まで
作品展 ・ 2上伊那中部の小中学校と伊那養護学校
(伊那市・伊那養護学校)
期間:11月29日(金曜日)から12月1日日曜日)
時間:午前10時30分から午後6時まで

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

伊那市役所 教育委員会 生涯学習課 創造館
電話:0265-72-6220
ファクス:0265-74-6829

szk@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る