このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

やまぶどう「信大W-3」山紫シリーズ商品

更新日:2019年8月14日


山紫シリーズ商品

信州大学農学部と伊那市が連携して品種登録

信州大学農学部と伊那市が連携し、栽培が容易で多収、健康に良いとされるポリフェノール(スチルベン、プロアントシアニン)成分を多く含む「信大W-3」は平成27年8月に品種登録されました。
平成26年にやまぶどうワイン「山紫」を初出荷、平成27年「信大W-3]が品種登録、その後もさまざまな商品を考案し、山紫シリーズとして試験販売しています。

「山紫プレミアム」やまぶどうワイン

毎年、10月に伊那ワイン工房で醸造し、フレンチオーク樽での貯蔵を含め、14ヶ月の熟成を経て、12月に発売しています。

ボトルラベルは「脈」がコンセプトで、東京芸術大学美術部に制作していただきました。

連なる山脈にはぐくまれ、養分は葉脈を通り、やまぶどうはワインになり、人の血脈になり、脈々とうけつがれていく

山紫ソルト

山形県が誇る、海水から完全手作りの焼き塩「酒田の塩」を、やまぶどうワイン「山紫」で紅く染め、やまぶどうワインの芳醇な香りのするワイン塩です。
アイシンフード株式会社(中野市)で製造し、平成30年6月に試験販売を開始しました。

70グラム入りの小瓶(45本) 

1000円(税別)

30グラム入り大袋(45袋)  

600円(税別)

3グラム入りの小袋(120袋) 

100円(税別)
試験販売につき、高遠さくらホテル、伊那ワイン工房、アンサンブル伊那、みはらしファームとれたて市場の4店舗でのお取り扱いのみになります。

「山紫ジャム」(140グラム入り)と、60%果汁飲料である「山紫果汁」(720ミリリットル瓶)は、平成30年10月に飯田市にある小池手作り農産加工所で製造し、12月に試験販売しました。ヴィラデストワイナリーで蒸留するホワイトブランデー200ミリリットル瓶も12月試験販売しています。

お問い合わせ

伊那市役所 農林部 農政課 農政係
電話:0265-78-4111(内線2411 2865)
ファクス:0265-72-4142

noi@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

よくある質問

このページを見ている人はこんなページも見ています

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る