このページの先頭です

サイトメニューここまで
  1. トップページ
  2. 産業・農林業
  3. 農林業
  4. 農業
  5. 6次産業・体験交流
  6. みはらしファーム水車小屋で、玄そばを製粉できます
本文ここから

みはらしファーム水車小屋で、玄そばを製粉できます

ページID:819943559

更新日:2021年2月26日

改修したみはらしファーム水車小屋で、玄そばを製粉できます

羽広農業公園みはらしファーム内の水車小屋が改修され、そば製粉機が設置されました。この水車小屋は、石臼による製粉・米つき・わら打ちのできる水車小屋として市民の方から譲り受けたもの。

平成11年に現在の場所へ移設して以来、水車や機構の老築化が進み石臼による製粉が難しくなったため、今回の改修に合わせて水車の更新と電動のそば磨き精選機・自動製粉システムを導入しました。

向かって右側がそば磨き精選機、左側がそば粉自動製粉機です。玄そばを製粉する前に、玄そばの前処理(玄そばの表面の土埃などを落とし、混入した石や土塊などの夾雑物の除去、粒ぞろえ)が重要です。玄そばは、右側の機械で前処理された後に、左側の機械でそば粉に製粉されます。

玄そば磨き精選機(そばピカりん)

上部に投入された玄そばは、そば磨き、石抜き、精選され、そのまま隣の製粉機に搬送されます。

自動製粉システム(そば粉自動製粉機)

玄そばは、まず、そば殻が取り除かれ、製粉とフルイの循環工程を繰り返します。正面の透明窓で製粉の状況を確認しながら、好みの「挽きぐるみそば粉」の完成です。

そばは、他の穀物と比較して、タンパク質やビタミンB群、食物繊維を豊富に含み、ルチンやコリンも含みます。   

タンパク質や脂肪の消化酵素も多く優れモノですが、他の穀物よりも保存性が悪いため、挽きたてのそば粉は早めに使うことが肝要です。

  • 利用申込   完全予約制(空いていれば、当日受け入れ可)

  • 営業時間   9:00から16:30

  • 受付時間   9:00から15:30(10キログラム以上は15:00まで)

  • 利用料金   玄そば1キログラムあたり、200円

  • 予約・問合せ みはらしファーム公園事務所 0265-74-1807

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader (新規ウインドウで開きます。)

お問い合わせ

伊那市役所 農林部 農政課 農政係

電話:0265-78-4111(内線2411 2865)

ファクス:0265-72-4142

メールアドレス:noi@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。