このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

松くい虫の被害拡大防止にご協力ください

更新日:2016年2月3日

山林内の枯損木が道路や隣接地などへ倒れる事故が発生しています。
事故が発生した場合、当該樹木の所有者が損害賠償責任を問われる場合があります。
倒木の危険性が高く早期に処理が必要とみられる場合は、土地所有者の管理・責任において早期処理をお願いします。また、枯損木だけではなく、所有する土地の樹木などについて適正な管理をお願いいたします。

更新伐・樹種転換への取り組み

伊那市内での松くい虫被害の拡大に伴い、枯損木全量を伐倒駆除するのは不可能な現状です。枯れるのを無為に待つのではなく、アカマツを適期に伐採して木材として有効利用し、伐採後は別の樹種に変え被害拡大を防止するなど、効果的な防止対策として、樹種の転換事業への積極的な取り組みをお願いします。

補助金

  • 長野県森林造成事業補助金
  • 伊那市森林造成事業補助金(事業費の10パーセントから20パーセント:地域により異なります)

伐倒駆除の実施

  • 地域内で枯損木処理を要望される場合には、「松枯損木処理要望書」を耕地林務課林務係まで提出してください。
  • 倒木による危険性や被害拡大防止を鑑み、申し込み順によらず枯損木処理の事業を実施します。なお、伊那市の予算の状況により年度内に処理できない場合もあります。
  • 伊那市の事業として処理できる枯損木は、伊那市松くい虫被害対策実施計画に定める山林の枯損木です。現況が山林であっても事業対象とならない場合があります。また、個人住宅の庭木については個人での対応をお願いします。

伊那市においても地域などからの要望を受け松枯損木の伐倒駆除を行っていますが、処理完了までにある程度の時間を要するため、倒木の危険が高い枯損木については、土地所有者の責任において早期処理をお願いします。また、松枯損木処置要望書受付後の倒木事故に関する責任は負いかねますので、所有する山林を日常的に管理いただき早期発見早期処理をお願いします。

処理の流れ
処理の流れ

  • 松くい虫による被害かどうかはドリルで樹幹に穴を開けて木端の鑑定を県に依頼することにより、マツノザイセンチュウの有無を鑑定することができます。詳しくはご相談ください。
  • 現況が山林であっても事業対象とならない場合があります。
  • 立木を伐倒するため、伐倒の支障となる木の伐採や他の樹木が痛むことがあります。
  • 重機による対応が可能な場合は、搬出をするか現地にて破砕処理を行いますが、それ以外は現地にて薬剤によるくん蒸処理を行います。
  • 枯損木処理に係る地元および地主負担はありません。
  • 提出先:耕地林務課林務係、総合支所産業振興課
  • 市が契約する業者に発注し、枯損木の伐倒駆除を行います。


松くい虫被害木

薬剤の樹幹注入による予防

健全な松に「マツノザイセンチュウ」に効果のある薬剤を直接注入してセンチュウの樹体内での移動・増殖を阻止して松を守る方法です。(実施適期は冬季)
大切なアカマツ、枯れることにより危険となるアカマツは、樹幹注入などにより予防対策をお願いします。

補助金

  • 伊那市松くい虫防除対策事業補助金(事業費の10パーセントから20パーセント以内:実施方法により異なります。)

お問い合わせ

伊那市役所 農林部 耕地林務課 林務係
電話:0265-78-4111(内線2416 2417)
ファクス:0265-72-4142

ktr@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る