このページの先頭です

サイトメニューここまで
  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 育児支援
  4. 育児相談等助成券(産後サポート事業)
本文ここから

育児相談等助成券(産後サポート事業)

ページID:562964794

更新日:2022年4月1日

産後の相談に利用できる「育児相談等助成券」を交付します。

出産後、赤ちゃんの育児で何かお困りのことがある時、また、赤ちゃんが母乳を充分に飲めているのか心配な時や乳房が張ってしまって困る時などに、医療機関や助産所で、助産師の相談を受けることができる券です。

相談できること

  • 沐浴・授乳指導・育児不安など赤ちゃんに関すること
  • お母さんの心と体に関すること

交付対象者

  1. 令和4年4月1日以降に母子手帳を交付した方
    伊那市住所のある産婦に対して、1人あたり5枚の助成券を交付します。

  2. 令和4年4月1日以前に母子手帳交付済で、4月1日以降に子供が出生された方
    すでに3枚をお渡ししてある方で、3枚使用した方又は使用見込みの方で、追加の2枚を希望される方は、健康推進課までご連絡下さい。

(令和4年4月1日以前にお子さんが誕生された方の交付枚数は3枚です。)

利用方法

赤ちゃんの出産後、各施設での相談1回につき助成券1枚が利用できます。
助成額は券1枚あたり2,000円で、助成額を超える費用は自己負担となります。
券が使用できる施設に事前に予約をして、ご利用ください。

ただし、伊那市より市外へ転出されたのちの助成券利用はできなくなりますので、ご注意ください。

利用期限

出産から1年6か月以内まで利用できます。

助成券交付について

妊娠後、出産応援セミナーでお渡しします。

また、下記の方についてもお渡しします。

  • 妊娠後、母子手帳を伊那市以外の市町村で交付されたのち、伊那市に転入して来られた方
  • 出産後、助成券の利用期間内に伊那市に転入されてこられた方

上記の方は転入の際に助成券をお渡しします。詳しくは伊那市役所健康推進課担当窓口にお問い合わせください。

助成券が利用できる施設

別紙「育児・母乳相談等助成券が使用できる施設一覧」をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader (新規ウインドウで開きます。)

お問い合わせ

伊那市役所 保健福祉部 健康推進課 保健係

電話:0265-78-4111(内線2333 2334 2335 2336 2337 2338)

ファクス:0265-74-1260

メールアドレス:ken@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。