このページの先頭です

サイトメニューここまで
  1. トップページ
  2. 施設案内
  3. 図書館・美術館・博物館
  4. 伊那市立高遠町歴史博物館
  5. 高遠町歴史博物館通信「歴博びより」
  6. Vol.4 第4回歴博カフェ「阪本天山 その学と人」(2)
本文ここから

Vol.4 第4回歴博カフェ「阪本天山 その学と人」(2)

ページID:932681101

更新日:2022年2月1日

 
 皆さん、こんにちは。歴博びより担当、学芸員の北島智也です。
 今回の歴博びよりは前回に続き、第4回歴博カフェ「阪本さかもと天山てんざん その学と人」の内容を紹介します。前回の歴博びよりでは、天山が郡代ぐんだい抜擢ばってきされるまでを紹介しました。

 
 職務に励む天山でしたが天明てんめい7(1787)年に郡代を解任され、閉門・蟄居ちっきょを命じられます。処罰の原因として、はら市郎右衛門いちろうえもんとの論争が挙げられます。郡代配下の足軽について論じた際、数年は同じ役職に留めるべきと考える天山と短期間での異動を主張する原は対立しました。天山は論争後に退職願を出したのですが、事前に藩主へ相談しなかったことが軽率な行為とされ、罰せられたというのです。また、藩の大砲を鋳造ちゅうぞうした際、余った鉄で自分の大砲を作ったという疑いを原因とする説もあります。
 寛政かんせい元(1789)年に罪を許された天山は、大阪や京都でさらなる勉学に励みます。寛政12年には藩からの再出仕の要請を断り、高遠を出て関西・九州へ向かいました。講師の北原きたはら紀孝のりたか高遠郷土研究会長は、天山は高遠に嫌気がさして出て行ったのではないかと説明しました。高遠藩では大砲などの費用は負担であり、砲術もあまり重要視されませんでした。海外の情報が集まり、砲術が必要とされる西国に天山は惹かれたと考えられます。
 高遠を去る際、天山は『題壁だいへき』という詩を残しています。
 
 
 半百にして、信地を辞し、三世、故土に帰す。
 ようやく知る。過はとんに係わるを。塵粉じんぷん、数うるをもちいず。
 
(頭髪も半ば白くなった頃、住み慣れた信州の地を去って、先祖三代のゆかりの地大阪へ帰ることとなった。前に藩内で事件に巻き込まれ、えきを見たところ、過と遯とが表われたが、別々に占ったこの二つが相互に関係があったのを今ようやく知った。だが、もはや今となっては、世俗せぞくのこんなつまらないことなどはどうでもいい。)

岡部おかべ善治郎ぜんじろう著『阪本天山の生涯』,高遠町発行,1995年11月,59ページ

 
 平戸藩家老の長村ながむらあきらは天山について、見識が突出していて砲術も諸家・諸流派の長所を総合したものと評しています。天山の指導は厳格でしたが、懇切丁寧で優れていたそうです。大演習の際には、天山の砲術が極致きょくちに達したと称賛しています。
 享和きょうわ3(1803)年、天山は病のために59歳で亡くなり、長崎の晧台寺こうだいじに埋葬されました。
 高遠の門人もんじんたちは天山の学に他学派の説を取り入れ、「高遠の学」を築きました。「高遠の学」は中村なかむら元恒もとつね元起げんき父子により完成され、元起の代に藩校「進徳館しんとくかん」が創設されます。進徳館からは、伊澤いさわ修二しゅうじなどの優れた人材が輩出されました。「高遠の学」や「進徳館」の基礎には天山の学問追究の精神があり、天山の生き方そのものが影響しているといえます。
 今回の歴博びよりはこのあたりで。また次回の歴博びよりでお会いしましょう。
 

 令和4年1月 北島智也

お問い合わせ

伊那市役所 教育委員会 生涯学習課 高遠町歴史博物館

電話:0265-94-4444

ファクス:0265-94-4460

メールアドレス:t-rhk@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。