このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

医療費が高額になったとき

更新日:2019年10月17日

高額療養費

 医療費の自己負担額が高額になったとき、限度額を超えた分が高額療養費として後から支給されます。
 高額療養費に該当する方には「高額療養費支給申請書」をお送りしますので、お手元に届きましたら支給申請をしてください。
 なお、申請できる期間は診療月の翌月1日から2年間です。
 

申請に必要なもの

 高額療養費支給申請書
 領収書
 印鑑
 通帳

高額療養費の限度額(月額)

70歳未満の人

 同じ人が同じ月内に同じ医療機関で支払った自己負担額が、下記の限度額を超えた場合、その超えた分が支給されます。
 制度改正のため、診療月によって自己負担限度額が異なります。
 

診療月が平成27年1月以降
区分 所得要件 自己負担限度額(3回目まで) 4回目以降
総所得金額等が901万円超 252,600円+(医療費が842,000円を超えた場合は、その超えた分の1パーセントを加算) 140,100円
総所得金額等が600万円から901万円以下 167,400円+(医療費が558,000円を超えた場合は、その超えた分の1パーセントを加算) 93,000円
総所得金額等が210万円から600万円以下 80,100円+(医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1パーセントを加算) 44,400円
総所得金額等が210万円以下 57,600円 44,400円
住民税非課税世帯 35,400円 24,600円

 過去12カ月の間に、1つの世帯で限度額以上の支払いが4回以上あった場合、4回目からは「4回目以降の限度額」が適用されます。
 「総所得金額等」=総所得金額(収入総額-必要経費-給与所得控除-公的年金等控除等)-基礎控除(33万円)
 なお、区分判定に用いる金額は、世帯における国保加入者全員の所得金額の合計額になります。
 
 「限度額適用認定証」(住民税非課税の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」)を申請して交付を受け、医療機関に提示することにより窓口負担が限度額までですみます。
 
 ただし、保険税を滞納していると保険証を交付できない場合があります。
 

70歳以上75歳未満の人 

 外来(個人単位)の限度額を適用後、外来+入院(世帯単位)の限度額を適用します。入院の場合は、自己負担額が外来+入院(世帯単位)の限度額までとなります。

自己負担限度額(月額)診療年月が平成30年8月以降

区分

外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者3 なし

252,600円+(医療費の総額ー842,000円)×1%
<4回目以降は140,100円>

現役並み所得者2 なし

167,400円+(医療費の総額-558,000円)×1%
<4回目以降は93,000円>

現役並み所得者1 なし

80,100円+(医療費の総額-267,000円)×1%
<4回目以降は44,400円>

一般 18,000円(年間上限額144,000円) 57,600円<4回目以降は44,400円>
低所得2 8,000円 24,600円
低所得1 8,000円 15,000円
  • 現役並み所得者3:同一世帯に住民税課税所得が690万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人。
  • 現役並み所得者2:同一世帯に住民税課税所得が380万円以上690万円未満の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人。
  • 現役並み所得者1:同一世帯に住民税課税所得が145万円以上380万円未満の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人。
  • 低所得2:同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の人。
  • 低所得1:同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、各所得から必要経費・控除(年金所得は控除額を80万円とする)を差し引いたとき0円となる人。
  • 低所得1、2、現役並み所得者1、2の人は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要になります。事前に国保の窓口で申請してください。

 
 ただし、保険税を滞納していると保険証を交付できない場合があります。
 

計算するときの注意点

  • 月ごと(1日から末日)の受診について計算します。
  • 医科、歯科の区別なく合算できます。
  • 外来は個人ごとに計算し、入院を含む自己負担額は世帯内の70歳以上75歳未満の人で合算します。
  • 入院時の食事代や差額ベッド代など保険のきかないものは対象外です。

 

高額な治療を長期間続けるとき

厚生労働大臣が指定する下記の特定疾病の人は、「特定疾病療養受療証」を医療機関の窓口に提示すれば、1か月の自己負担額は10,000円までとなります。

「特定疾病療養受療証」の交付についてはお問い合わせください。

人工透析が必要な慢性腎不全(70歳未満の上位所得者については、1か月の自己負担額は20,000円までとなります。)
先天性血液凝固因子障害の一部
血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症
 

 

高額医療・高額介護合算療養費

 医療費が高額になった世帯に介護保険の受給者がいる場合、国保と介護保険の限度額を適用後、合算して下記の限度額を超えたときにはその超えた分が支給されます。

 該当見込みの方には支給申請書をお送りしますので、必要事項を記入・押印のうえ申請してください。

70歳未満の人
区分 所得要件 限度額
総所得金額等が901万円超 212万円
総所得金額等が600万円から901万円以下 141万円
総所得金額等が210万円から600万円以下 67万円
総所得金額等が210万円以下 60万円
住民税非課税 34万円
70歳以上75歳未満の人(平成30年8月から)
所得区分 限度額
現役並み所得者3 212万円
現役並み所得者2 141万円
現役並み所得者1 67万円
一般 56万円
低所得者2 31万円
低所得者1 19万円

・この制度は、7月31日の時点で加入している健康保険ごとに計算されます。社会保険などにご加入の方は、各保険の窓口へお問い合せください。
・高額療養費と同様、入院時の食事代や差額ベット代など保険のきかないものは対象外です。
・福祉医療費受給者が高額医療・高額介護合算療養費の支給を受けた場合、既に支給済みの福祉医療費の返還をお願いする場合があります。

関連ファイルダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

伊那市役所 保健福祉部 健康推進課 国保医療係
電話:0265-78-4111(内線2341 2342 2343 2344)
ファクス:0265-74-1260

ken@inacity.jp

本文ここまで


以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る