このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

たき火通信 其の七十六

更新日:2016年11月1日

伊澤修二先生の引っ越し

 東京音楽学校の初代校長は高遠出身の伊澤修二、学校は明治20年(1887年)の創立です。そして昭和24年(1949年)に東京美術学校が一緒となって、日本で唯一の国立総合芸術大学、東京藝術大学が誕生しました。伊那市と東京藝術大学は、伊澤修二先生が東京音楽学校の初代校長であった関係から、私や教育長などが年に3回ほど訪問して、学長や学部長といろいろな打ち合わせをしています。
 私が最初に東京藝術大学を訪問した8年ほど前のことです。伊澤修二先生の胸像があると聞いていたので探しました。構内の数多(あまた)ある胸像をさんざんに探したところ、構内の奥の木の下にひっそりとありました。そこは学生も教授も通るところではなく、それこそ森閑とした寂しいところでした。
 あるとき、何回も伊那に来ていただき、コンサートや子どもたちの音楽指導をしていただいていた澤(さわ)音楽学部長(現・学長)に思い切って話しました。「伊澤修二先生の像は、あまりに寂しいところにあるので、もう少し目立つところに移すことはできないでしょうか?」さあ、それからが大変です。澤学部長はさっそく宮田学長(現・文化庁長官)に話してくれました。宮田学長はさっそく教授会を開き、さまざまな検討をしてくださったそうです。結局、奏楽堂(そうがくどう)の南側の最高の場所に移すことになりました。ところが、そこにはあの有名な「ベートーベン」の胸像がありました。先生たちは楽聖(がくせい)とも称される大作曲家ベートーベンをどかしていいものかの議論になったようです。
 畢竟(ひっきょう)、「ベートーベンは56才で亡くなるまで、70回以上の引っ越しをしていた。従って引っ越しが1回くらい増えても問題ない」と洒落(しゃれ)た結論を出していただいたのです。伊澤修二先生の胸像は今年の4月14日、音楽の殿堂である奏楽堂を凛(りん)としてみつめながら、一番のメイン通りに移りました。そしてこの11月、その横にふるさと高遠の桜、タカトオコヒガンザクラが植えられる予定です。
 平成28年11月 白鳥 孝

伊澤修二先生(胸像)
東京藝術大学にある伊澤修二先生の胸像

お問い合わせ

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話:0265-78-4111(内線2131 2132)
ファクス:0265-74-1250

his@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長コラム

よくある質問

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る