このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

たき火通信 其の百二十三

更新日:2020年10月21日

ますます重要になった権兵衛峠道路

 中央アルプスにトンネルが開き、伊那谷と木曽谷が結ばれたのが平成18年(2006年)2月の事でした。当時、木曽の学生は高等学校を卒業しても、また大学を卒業しても地元にはなかなか就職ができませんでした。就職先が少ないことが大きな理由でした。しかし権兵衛トンネルが開通したことで、モノづくりの盛んな上伊那の企業、病院、学校などへ通うことができるようになりました。家族と暮らし、地域の行事も消防団活動もでき、トンネル効果は絶大なものとなったのです。救急車も伊那中央病院に来るようになり、買い物もトンネルをくぐれば30分ほどです。そして伊那からの物資の供給が可能となり、木曽路にはコンビニエンスストアが幾つもできました。

 令和元年(2019年)10月、突然権兵衛トンネルの伊那側出口の橋が落ちました。台風19号が原因です。交通が全くストップしてしまい、途方に暮れてしまったのです。急遽きゅうきょ木曽や上伊那の首長(市町村長)とともに、「早急の復旧をするためにも国の直轄事業として進めてほしい」と長野県へ要望に行きました。落橋らっきょうの数日後には、国土交通省中部地方整備局の局長・道路部長が現地視察に訪れ、また地元国会議員や県会議員も視察に来ました。10月末には国の直轄権限代行による災害復旧が決定し、冬場の寒いなか24時間体制で工事に当たってもらい、2カ月後には片側交互通行ができるようになりました。

ところが令和2年7月、今度はその先の姥神うばがみトンネルを出たところで大規模な山地崩壊が発生してしまいました。長野県では発生場所の対岸に仮設道路を架ける工事を計画しています。その間に姥神トンネル先の、現在ループ状となっているところから国道19号まで、トンネルと橋で一気通貫いっきつうかんできるよう要望活動を始めました。9月には長野県建設部長、国土交通省道路局長、財務省主計官、そして地元選出の国会議員への熱い要望活動が始まったのです。要望活動は波状的に次々と行います。繋がりの深い木曽と伊那は、権兵衛峠道路が生命線ですから私たちはともかく必死です。

お問い合わせ

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話:0265-78-4111(内線2131 2132)
ファクス:0265-74-1250

his@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長コラム

よくある質問

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る