このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 医療・健康・福祉
  • 市政情報
  • 産業・農林業
  • 市の紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

たき火通信 其の八十五

更新日:2017年8月1日

真夏の花見

 5月の連休が明け、田植えが終わり、梅雨の6月、7月ともなれば、サクラの話題は遠い昔のことで、私たちの今年の記憶からは一顧(いっこ)だにされなくなっています。ところが、登山を趣味にする私にとっては、7月と8月はサクラの花見が気になる季節となるのです。
 アルプスなどの高山の気温は里よりも低く、一般的に標高が100メートル上がると気温は0.6度下がると言われます。例えば、伊那市役所の標高が632メートルですから、標高3,033メートルの仙丈ヶ岳山頂とはその差が約2,400メートルです。したがって計算上の気温差は14.4度となります。さらに高山帯では、北向き斜面、谷地形、残雪、降雨、地形などの要素によってさらに気温の較差が生じます。
 中央アルプスの駒飼ノ池(こまかいのいけ)カールから濃ヶ池(のうがいけ)カールを経て、馬の背分岐までのトラバースルートを歩いているときに満開のサクラに出会いました。樹高が2メートルほどのサクラが数本咲いていました。7月31日のことでした。ザックをおろして一人で夏の花見です。また、南アルプスの北沢峠から仙丈ヶ岳へ登る途中、ちょうど大滝の頭(おおたきのかしら)の少し手前には、楚々(そそ)とした花をつけるサクラの木が登山道脇にあります。雪解けの遅かった2014年の南アルプスでは、8月11日に満開のサクラを楽しむことができました。藪沢(やぶさわ)ルートと大滝の頭から来るトラバースが交差するところの背丈の低いサクラです。雪渓(せっけい)の傍らにあるこのサクラは、雪解けとともに花を咲かせますので、開花はその年の雪渓の量に左右されます。8月中旬は山ではもう秋風が吹き始める頃です。花を咲かせて実をつけて落葉する忙しいサクラの一生です。
 これら高山帯のサクラは、タカネザクラ(ミネザクラ)といいます。日本に自生するサクラの一種です。淡紅色(たんこうしょく)の花と若葉を同時につけるサクラです。伊那地方では里の早いサクラは3月下旬頃に開花しますから、高山帯のタカネザクラの8月を考えると、伊那のサクラの季節は5ヶ月にも及ぶことになります。

 平成29年8月 白鳥 孝

タカネザクラ(写真)
中央アルプス 7月31日のサクラ

お問い合わせ

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話:0265-78-4111(内線2131 2132)
ファクス:0265-74-1250

his@inacity.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長コラム

よくある質問

このページを見ている人はこんなページも見ています

お気に入り

編集

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

伊那市役所

〒396-8617 長野県伊那市下新田3050番地 代表電話:0265-78-4111

高遠町総合支所

〒396-0292 長野県伊那市高遠町西高遠810番地1 電話:0265-94-2551

長谷総合支所

〒396-0402 長野県伊那市長谷溝口1394番地 電話:0265-98-2211
Copyright © Ina City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る