伊那市

たき火通信 其の百六

更新日:2019年5月24日

二十歳になった「みはらしファーム」

1000万人達成記念セレモニーの画像 延べ利用者数1000万人を達成

はびろ農業公園みはらしファームは今年、開業して以来20年の節目を迎えます。平成6年(1994年)に温泉の鑿井に成功し、その温泉を活用した「みはらしの湯」がオープンしました。さらに、「みはらしいちご園」、「とれたて市場」、「そばの家・名人亭」、「パン工房・麦の家」などの施設が次々と建設され、都市との交流や伊那市の農業振興、地域の活性化、観光と農業のコラボレーションへと継続してきました。
 ここは標高900mを超え、南北120kmの南アルプスが一望できる景観を有しています。仙丈ヶ岳、東駒ヶ岳、間ノ岳、塩見岳、荒川岳、聖岳と日本を代表する山々の大パノラマが欲しいままです。ファームからは扇状地が緩やかにくだり、遠くには高遠の町が望めます。広大な農地、里山、河岸段丘、南アルプスの雄大な景観は、日本一と言いきってもいいでしょう。
 みはらしファームには、愛知、関東、長野県内、地元上伊那から多くの皆さんが訪れます。イチゴやリンゴ・ブドウ狩り、入浴、そばやバーベキュー、バイキングなどの食事、そば打ち・ピザ・豆腐づくり体験、新鮮な農産物の買い物など通年楽しめる場所です。そんなみはらしファームに200人が収容できる施設「やってみらっし」がオープンしたのが平成28年(2017年)のことでした。それまでは大型バスで大勢のお客様が来ても収容できる施設がなく、雨天など荒天時には頭の痛い課題でした。そして今年、アクティブな屋
外体験型の「マウンテンバイクコース」が、みはらしファーム西の林間コースに開設されました。子どもから大人まで、家族連れで楽しめるコースは、いきなり人気のスポットになりました。
 さまざまな体験農業を楽しめ、伊那市の情報発信の拠点として、そして日本を代表する景観を望める場所として、今後ますます人気のみはらしファームとして進化していくことでしょう。当面の目標は年間60万人、そして70万人の来場者数です。

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話番号:0265-78-4111(内線2131 2132)
FAX:0265-74-1250

his@inacity.jp

市のトップへ戻る

市役所アクセス