伊那市

たき火通信 其の百二十一

更新日:2020年8月26日

若宮団地の建て替え

外観の写真 新しいスタイルの集合住宅

 伊那市営住宅は、公営住宅とその他住宅を合わせて725戸あります。なかでも大きな団地の大萱(おおがや)住宅、若宮(わかみや)住宅などは老朽化が著しく進んでいます。例えば大萱は昭和38年から建て始めて、昭和42年に104戸全棟完成していますから、古い住宅は57年経っています。若宮は昭和43年から建設が始まり、220戸全てが完成したのが昭和53年です。ここも53年経過しています。

 伊那市では古い市営住宅の建て替えに取り掛かっています。なかでも若宮団地は、高齢者用の集合住宅20戸(平屋)、若者・子育て住宅、一般公営住宅、既存住宅のリフォーム住宅にエリアを分け、令和元年から令和6年にかけて順次建設する予定です。
 今年8月末に完成予定の高齢者集合住宅は、現代社会の課題解決に向けた設計コンセプトとしては秀逸(しゅういつ)な建物と自負しています。概要を少しお話しましょう。建屋は木造平屋建ての集合住宅で、伊那産の木材をふんだんに使用しています。入居予定は高齢夫婦用に6部屋、高齢の単身者用が14部屋、それに広い共有スペースには、キッチン・テーブル・畳コーナーなどがあり、入居者がお茶を飲んだり、介護予防活動を行ったり、おしゃべりを楽しんだりすることのできる空間です。外には家庭菜園の畑もあります。お年寄りの皆さんは畑仕事を懐かしみ、また近所の子どもたちと一緒に野菜を作り、そして収穫から調理まで皆で行う仕掛けです。共有スペースは、時には「子ども食堂」に変身します。薪ストーブのある暖かなスペースは笑い声の絶えない、明るい笑顔が溢れていることでしょう。20あるそれぞれの部屋には、ペレットボイラーの暖房設備が置かれ、CO2削減と再生可能エネルギーの温もりを与えてくれます。緊急時には住宅のすぐ隣に介護施設がありますから、24時間安心の見守り施設となっています。
 この施設の愛称は「センシオーネ」と言います。木造平屋建ての建物を南アルプスの山並に見立て、仙丈ヶ岳と塩見岳を結ぶ登山ルートの「仙塩(せんしお)尾根(おね)」を捩(もじ)った名前のようです。

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話番号:0265-78-4111(内線2131 2132)
FAX:0265-74-1250

his@inacity.jp

市のトップへ戻る

市役所アクセス