伊那市

たき火通信 其の九十七

更新日:2018年10月23日

マツタケで商売

今年のマツタケはどうでしょう

 9月の声を聞くと、そろそろ秋風が吹いて、赤トンボが舞い、田んぼが黄色く色づき、アルプスから紅葉が下りはじめる、伊那谷が錦秋(きんしゅう)の季節に向かう助走の始まりです。
 きのこの王様マツタケの話題もそこかしこから聞こえてきます。昨年は近年まれにみる凶作の年でした。伊那ばかりか長野県内全てのマツタケ産地が壊滅的な惨状でした。それでもキノコ採りの名人や、マツタケのシロをもつ皆さんはシーズンともなればそわそわと気になって、魚篭(びく)を腰に括(くく)りつけ山に入ります。素人の私でさえ、もしかしたら、万が一に、偶然にでも、犬も歩けばの確率でマツタケに出会えるかもしれないと、期待をもって山に入ることがあります。
 何年か前にマツタケが大豊作の年がありました。この時ばかりは私でもマツタケに出会うことができました。「松葉に滑って手をついたらそこにマツタケが」、「松林のなかを歩いていたら何故か大きなマツタケが落ちていて・・・」、さらに昔の話ですが「登山の帰りに栂林(つがばやし)でマツタケの群生に出くわして下山が遅くなったり」、「もしかしたらと7月中旬に土用マツタケを探しに行ったらあるわあるわで、魚篭に入りきらなくなってシャツを脱いで背負って帰ったり」と、素人には素人なりの能力が働いて、嘘のような出来事にも遭遇することがあります。
 長野県は全国のマツタケ生産量第1位です。2位の岩手県を大きく引き離してのトップです。長野県の中でも伊那産マツタケは特に有名で、新宿三越伊勢丹のデパート地下売り場や赤坂・新宿の高級日本料理店でも扱われています。三越伊勢丹では、伊那産のマツタケが1本(笠の開いていない10cmほどのマツタケ)17,000円で売られていました。しかし国産マツタケは減少の一途です。松枯れの拡大も追い打ちをかけています。標高の高いところまでアカマツの分布している伊那は、これからの時代、極めて有望なマツタケ産地として大いなる可能性を秘めています。

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話番号:0265-78-4111(内線2131 2132)
FAX:0265-74-1250

his@inacity.jp

市のトップへ戻る

市役所アクセス