伊那市

たき火通信 其の三十九

更新日:2014年10月1日

花と笑顔はいつもセットです

アルストロメリア

花育(はないく)

「日本一の出荷量を誇るのが、上伊那の花卉(かき)です」このことを伊那の子どもたちに知ってもらいたい、と若い花卉生産者が語ってくれました。日本一の花とは、アルストロメリアで、1300万本の生産量です。それからトルコギキョウも200万本と上位にランキングされ、東京・名古屋・大阪・京都などの市場へ出荷されています。他にもテッポウユリ・カーネーション・アスター・スターチス・サンダーソニアなど花卉全般にわたり栽培されています。伊那は日照時間が長く、冷涼な気候、大きな日較差などが、色鮮やかで高い品質の花卉栽培に適しているといわれています。アルストロメリアの原産地は南米チリやアンデス山脈の高所で、英名は「インカのユリ」といわれるそうです。トルコギキョウの原産地はアメリカのテキサス州で、伊那市にはオリジナルを次々と生み出している研究者もいて、日本中から注目されています。そして若い花卉生産者のみなさんと意見交換をしたとき、こんなことも話してくれました。「保育園や小学校の子どもたちに、もっと花に親しんでもらいたい」、「花で子どもたちの心を育てたい」彼等はこのことを実践するために、自分たちが育てたアルストロメリアやトルコギキョウを、小学校や保育園の子どもたちにプレゼントしたり、チューリップの球根を一緒に植えたりする活動を始めました。花を通じて子どもたちのやさしさを育み、家族の語らいを促し、命の大切さを教える素敵な取り組みをしているのです。私は、こうした活動を若い彼等と一緒になって、もっと多くの小学校や保育園で展開していきたいと考えています。2つのアルプスと広大な緑の台地、日本一の景観のなかで育てられる日本一の花々、私たちにとってもうひとつの誇りです。

平成25年9月 白鳥 孝

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話番号:0265-78-4111(内線2131 2132)
FAX:0265-74-1250

his@inacity.jp

市のトップへ戻る

市役所アクセス