伊那市

たき火通信 其の九

更新日:2014年10月1日

早春賦(そうしゅんふ)

もう40年も前のことです。高等学校の入学試験が終わった翌日、小沢川上流の北沢へイワナ釣りに出かけました。昔のことですから記憶は形を変えて、印象的なことしか残っていませんが、試験から開放されたうれしさ、早春のうらうらとした渓流の情景、水面に反射する陽光の先にネコヤナギがふっくらとあって、無心で釣り糸をたれていたことが今でも鮮やかに思い出されます。自然の律動を感じさせるリズムにつつまれた、気持ちのよい天気でした。小さな淵(ふち)には氷が薄く張り、雪のなかにフキノトウが顔を出し、水は乱反射をしながらはじけて踊り、ネコヤナギが暖かそうです。イワナは一匹だけ釣れました。あれから40年、私は今でもイワナ釣りをしています。ふるさとの伊那で、イワナやアマゴ釣りを楽しんでいます。伊那谷では、どこでも渓流魚を釣ることができます。伊那市役所のすぐ西側の小黒川合流点付近でもイワナは釣れます。釣り人憧れの渓流魚のイワナが、人口72,000人の市庁舎から数分のところで釣れる都市は、全国的にもそうはありません。2月16日には太公望が待ちに待った渓流釣りの解禁となりました。私にとっては、川辺に動く人影や釣竿が気になる季節です。

平成23年2月 白鳥 孝

まだ春浅い伊那谷の渓流

春 うらら

蜘蛛の巣 わかりますか?

伊那市役所 総務部 秘書広報課 広報広聴係
電話番号:0265-78-4111(内線2131 2132)
FAX:0265-74-1250

his@inacity.jp

市のトップへ戻る

市役所アクセス